現役の大学受験対策は塾で決まり?

現役の大学受験対策は塾で決まり?

有名大学に合格する事は本当に素晴らしい事であり、たとえ大学受験に二度や三度、失敗しても大きなリスクはありません。

しかし現実問題として若い頃の一年はとても貴重です。出来れば現役合格をしたいと思うのが本音でしょう。進学塾に通えば現役合格の確率が大幅にアップします。

自分の学力に自負がある方も、塾に通う事でより現役での大学合格の確率を引き上げられますし、自分の苦手分野を客観的に塾講師に分析してもらう事でケアレスミスを防止出来ます。

元々優秀な学生程、独学の罠にはまりやすいです。大学受験までに苦手分野が分からないと思わぬところでミスをしてしまい、有能な男女でも僅差で失敗する懸念があります。塾を活用すればよりベストな形で時間と体力を使えます。

高校生が塾に通うメリットとは?

高校生が塾に通うメリットとは?

高校生は勉強に部活に忙しい日々を送っています。その中で多くの高校生が見据えているのが大学受験です。大学受験は倍率も高く、高い学力も求められるのでしっかりと準備をする必要があります。

塾に通う高校生は多いですが、そこにはメリットが多くあります。塾の良さは勉強に集中できる場であることです。そしてその時にやるべき勉強、前を見据えた勉強をすることで学校の授業のサポート力となり学力向上につながるのです。

講師は学力の向上、志望校合格へ導くためのノウハウや経験を積んでいるので勉強のプロとして頼ることが出来ます。部活やその他に忙しくしている中、確実に勉強時間を確保することが出来るのも塾のメリットです。

周りの生徒たちが勉強をしていることで切磋琢磨でき、成績を上げたい、合格したいという気持ちがわいてくることも多いのです。

高校生が塾に通うデメリットとは?

高校生が塾に通うデメリットとは?

高校生が塾に通うデメリットはというと、それほど大きなものはないというのが答えになります。しかしながら全くないかと言えばそれも違うことであり、若干の問題が残ります。

ここでいう塾というのは大学受験を目的としたものということになりますから、それであると最近の受験状況であるとか、出題の傾向とか対策ということに精通しているところとなります。

だから大学受験に関してはそれなりのメリットがあると言えるのですが、いかんせんそれは受験に関するハウツーの習得ということが中心になっています。

うがった見方になりますが、それは勉強の本質とは少し違うことであるということが言えます。

本来の勉強は受験に合格するためのハウツーではなく、学問の本質であるWHATをつかむことが大切であり、それとは異なるという点だけは認識しておく必要があるのです。